FC2ブログ
2018/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
プロフィール

なすび号

Author:なすび号
寅年生まれのなすびです。
彼と同棲を始め数ヶ月。そして結婚。
そんな日々の喜怒哀楽驚困悩など、
思いつくままに書き綴ってます。

☆2010.9.16 同棲生活スタート
☆2010.12.24 プロポーズ❤
☆2011.5.4 結婚式&入籍
☆2011.7.14~17 八丈島へ新婚旅行
☆2013.3.23 新居購入
☆2014.10.13 黒柴のゴマと出会う

《彼》釣り・ユニコーン・洋菓子
(特にチョコ)好き
《私》猫・ブルーハーツ・和菓子
(特におかき)好き

埼玉人と大阪人。そんな2人のマイペースブログ。
最近はもっぱら『黒柴のゴマ』ネタが増えていますが、
どうぞよろしくお願いします!
 *^-^*

★実家の猫(鉄郎&モモ)も出演あり★
 

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
こちらの応援もよろしく♪
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ペット
5898位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

3057位
アクセスランキングを見る>>
こんな広大な公園があったとは!-都立野山北・六道山公園

暑い朝、バイク通勤する旦那がそこだけひんやりした空気を感じるという場所があるそうな。

調べてみると、


野山北・六道山公園


というようだ。

狭山丘陵の西側にあり、住所は「東京都武蔵村山市」ですが、

狭山丘陵全体は「埼玉県所沢市・狭山市、東京都東村山市・東大和市・武蔵村山市・西多摩郡瑞穂町」の、5市1町にまたがっているほど広大な敷地なのです。

今回訪ねた「野山北・六道山公園」を含め、東京都側には5つの公園があり、

さすが東京都、トイレも無料駐車場も充実してて、遊歩道もキレイ!。


ちなみに埼玉県側は、開発が進み昔の風景がずいぶん減ってるそうな。

それでも、宮崎駿さんなど市民活動により少しずつ森を買い取り、保護する活動が続けられている。

維持は大変なんだろうけど、世界的に有名な「となりのトトロ」の舞台となった森。

宅地や大学のキャンパス、レジャー施設にせず、森の生物含め現状保持をして埼玉県の自慢にしたいなあ。





さて、広大なのでどこを責めるか悩みますが、

今回は一番端っこの西口駐車場というところに車を止めて散策開始。


駐車場には大きくてきれいなトイレはありますが、

自販機などはないので、飲み物は持参したほうがいいです。


あと、地図も載ってるパンフレットが置いてあるので、

ぜひ迷子防止にお持ちになるといいです。

DSC05858.jpg


温度計が設置されていましたが、朝9時過ぎの時点で33℃!

でもまあ木陰ばかりだから、それほど暑くないんじゃないかな~と、

まず見つけた案内標識の「浅間神社」に行ってみる。



で、歩き始めて1分ほどで激しく後悔。。


だって、ものすごい段数の階段なんだもの!



始まりはこんな感じで・・・

DSC05859.jpg




あとで調べたら、237段あるそうです。。


階段好きのゴマは、終始楽しそうに駆けあがっては私たちを待つ。

私はもう汗が吹き出し、足がプルプルし、無言になっていく・・・・・・





で何とかたどり着いた浅間神社は、なんというか・・ 寂しい感じの神社でした。

DSC05861.jpg

升で作ったお賽銭箱があったので、順番にお参り。

「どうぞケガのないお山散策をさせてくださいませ」



次は、三角点広場を目指してみよう。

DSC05860.jpg


お伊勢山遊歩道は、少しでも斜面の箇所は階段のように整備されていて、

普通の運動靴でも十分歩けます。

が、なにげにキツイ。そしてクモの巣が多い(;''∀'')


DSC05864.jpg


DSC05868.jpg


DSC05869.jpg


登って下って進んでると、急に手書きの案内表示が!

DSC05866.jpg


こりゃ行ってみるよね。


脇道に少し入ると、すぐその場所はありました。

DSC05867.jpg

が、結構草が生い茂ってるので祠の前まで行かず・・スンマセン。



DSC05870.jpg


DSC05871.jpg


ゴマだけ元気です。。。




やっと到着、三角点です。

DSC05872.jpg


DSC05873.jpg


DSC05874.jpg


ちょっと・・・よくわかんないです(´-`*)



このまま進んだら、高根山遊歩道に入りそうなので、

駐車場にUターンしましょう。


違うルートで戻ります。



途中、見晴らし台とベンチがありました。

DSC05876.jpg


が、草木で見晴らせずΣ(・ω・ノ)ノ!


散策路からならこんな感じ。

DSC05877.jpg

冬だと秩父まで見えるんだろうな。




やまゆりが群生していました。とってもいい香りです。

DSC05878.jpg



田保谷という場所は、急に開けて、急に風が吹いて涼しい!

ベンチには涼んでる方チラホラ。

DSC05879.jpg


すぐ横は住宅地などがあって、

公園って感じで、遊歩道より断然歩きやすいです。


DSC05880.jpg


DSC05881.jpg


DSC05882.jpg




西口駐車場に戻ると、

たぶん1時間ほどしか歩いてないのに、温度計は35℃になってました。


さすがにゴマもハアハアがすごいので、

木陰のベンチでちょっと休憩。


車で移動して、別の遊歩道にも・・・なんて話してたけど、

もう休憩しちゃったら歩く気力なくなっちゃった。

帰りましょうかね。。。


今度は肌寒いくらいの時期に、他の遊歩道を攻めに来ましょう|д゚)



DSC05875.jpg

キャッハー♪




関連記事
スポンサーサイト

tag : 犬連れ 柴犬 黒柴 ゴマ 野山北六道山公園 遊歩道 散策



 
飯能 名栗カヌー工房に行ってきたよ

埼玉県飯能市というところ、

派手な施設やイベントはあまりなく、名栗川でのキャンプなんかで賑わう地区。

ですが、なにげに犬連れには穴場スポットも多いんです。


過去にも、

☆鳥居観音

☆天覧山

などを訪れており、適度な移動距離と人の少なさでなすび家御用達なんですよね。


なのに、こんな遊び場もあったなんて気づかなかった!

お隣さん(柴飼いさん)が犬連れ&子連れで超楽しかったと教えてくれたのは・・


NPO法人 名栗カヌー工房

DSC05710.jpg


DSC05711.jpg





ここは、飯能産の木材「西川材」を使って、

誰でも作れる、カヌーの製作キットの販売・保管ができる工房なんですって。


でもそんなカヌーに、乗るだけ体験もできるんです。犬も一緒に♪


確か、レンタルカヌー1艘1,000円、プラス人も犬も一人500円。

私たちの場合2,500円で工房スタッフが作った手作りカヌーに乗れちゃうのだ。

しかも、時間制限なし。途中休憩も何度でもOK。

(ハイシーズンは結構な人出らしいから難しだろうけど)




着いた時間がお昼時で、スタッフの皆さんがお昼ご飯中だったので、

ゆっくり食べててもらい、これ幸いとくまなく工房を見学させていただきました。




工房入り口。

DSC05712.jpg


工房の前の道路と駐車場。

ほとんど車が通らなかったので、ゴマと散策しまくりました。

DSC05700.jpg


フィンランド大使の・・ とにかくここを代表するオブジェ。

DSC05704.jpg


いろんな人が作る想像力豊かな品々。

右に見えるスピーカーも作ってるんです!

DSC05705.jpg


そしてこれ!すごい精密な木工ピストル。男のロマン臭がプンプンだね!

DSC05706.jpg


もちろん、小さな雑貨品もたくさん。

DSC05703.jpg



真ん中奥に見えるのは室内のアトリエ(作業場)。

この外のスペースでも、接着剤を乾かしたりするらしい。

そして、左奥にみえるところからカヌー乗り場へ向かいましたよ。

DSC05709.jpg





と、前置きが長くなりましたが、いよいよカヌー初挑戦です!


まずは、ゴマにライフジャケットを着けるかスタッフさんと相談。

水に濡れるのも嫌だけど、服を着るのも嫌いなゴマ。

まず着せてみて、暴れたらすぐ外そうということに。。


・・・結果。全然平気でした^^;


スタッフさんの着せ方が上手だったのが一番だけど、

ゴマが警戒する前に、あれよあれよと着せられ、キョトンとした感じでした。


私たちもジャケットを着て、軽くレクチャーを受け、ドキドキ乗り込みです。


私が先頭に乗り込み、旦那が後ろに乗り、ゴマを引きずるようにカヌーに落とすw

その間、なるべく揺れないよう支え続けてくれるスタッフさん。

漕ぎだしてからも、スタッフさんもカヌー出して、付かず離れず見守ってくれる。

ちょっと気まずいけど、とても安心。


安定してきて慣れた私は、カメラ撮影開始。


DSC05739.jpg


DSC05763.jpg


DSC05757.jpg


DSC05762.jpg


この日は、雲がかかってて風がない日。

カヌー遊びにはもってこいの「カヌー日和」というだけあって、

初心者の私たちもすぐにのんびりできた。

オールで漕ぐ水の音、空を飛ぶ鳥の声、カヌーと水がぶつかる音。

漕がずに漂ってても、風がないので流されない。



すると、付かず離れずのスタッフさんが写真撮ってあげるとカメラを取りに来てくれた。

カメラを縦にしたり横にしたり、いっぱい撮ってくれた。

これはほんといい写真になりました。


18-06-13-17-09-43-953_deco.jpg





その後、無名の滝を教えてもらい移動。


DSC05734.jpg


ここは、少し奥まったところで木に覆われてて神秘的!

空気もひんやりしてて、カヌーに乗ってなきゃ体感できない心地よさ。


と、この辺りからずっとおとなしかったゴマが本領発揮しだした。


18-06-13-17-15-31-541_deco.jpg


カヌーの上で動き回る!

縁に足乗せる!

体重11キロないゴマでも、動けばカヌーは傾きます(;´Д`)

私は、前から振り向くだけでもバランス崩すので、旦那に任せます。

私は肩越し撮影してよっと(首つりそうになるけど)




そのころには、付かず離れずスタッフさんも岸に上がり、放置状態。


誰もいない湖上に、3人だけ。


会話するでもなく、漕ぐわけでもなく、自宅の部屋にいるように寛ぐ。


DSC05719.jpg


DSC05749.jpg


DSC05753.jpg


DSC05754.jpg



ゴマも体を横にして寝る場面もあったほど寛いじゃってました。





ダラダラと撮影した動画もどうぞー。

湖上の様子が伝わればと。





前に座る私が舵を取り、漕ぎ進めるのは力の強い旦那君。


でも慣れると、舵取りもブレーキも全部旦那君一人でできるように。

それが楽しくなって、いろいろ動かしてます。


(ちょいちょい、オールを持ち代えるときにしずくがゴマに垂れますが、

ジャケットのせいかゴマが気にしない。いいね、いいね♪)










1時間もぼんやりしてると、

木の椅子に座ってるので、お尻が限界になってきた。

ゴマを寝かせててあげたいけど、岸に戻りましょうか。


最後は2人で力いっぱい漕いで見た。

・・でもやっぱり私は腕力というより、踏ん張る腹筋がないので前に進まないな。

こりゃ筋肉痛確定だわ。



岸が近づくと、何で分かったのかスタッフさんが皆さん出てきてくれてた。


工房に戻る階段が、ジャケット着たままじゃ登れないゴマを見てすぐ外してくれた。

「お水あげようか?」

「ささ、オシッコもしたいんじゃない?」

そんなこと言ってくれる施設は初めてだ(笑)どこでしても怒られなさそうです^^





お礼を言って駐車場に向かうと、ちょうど片づけされてる代表さんがいました。

「すごい楽しかったです!」というと、

嬉しそうなお顔で「またいらしてください♪」と。


次は紅葉の季節に来たいな!




関連記事


 
旅行券で伊豆高原 ~城ヶ崎遊歩道~

ホテルをチェックアウトし、

満開の桜のトンネルを見ながら、城ヶ崎を目指すことにした。


けど・・・


めっちゃ人多いやん!!臨時駐車場も満車やと!?


はい~、旦那君のテンションダウンしたぁ~。(ノД`)・゜・。


「もう朝の散歩で見たんやろ?行かんでええやん、停められへんし」


ほら~、元から興味なかったからすぐ諦めたぁ~。(ノД`)・゜・。


駐車場待ってまで、この旦那とゴマ連れて歩くほどでもないし。

城ヶ崎の方が、ここでしか楽しめない楽しさが待ってるよね(←やけくそ)





ホテルの方にいただいた地図を頼りに、城ヶ崎の遊歩道に入る駐車場に到着。

さっそく遊歩道入り口からスタートです。


海沿いコースに入るまでは、こんな広めの散策路。

DSC05670_1.jpg


犬連れも多く見かけました。

DSC05667_1.jpg


途中、下手したら滑り落ちそうな場所も!ゴマ、気にせずクンクン進む💦

DSC05669_1.jpg


海沿いコースに入ると、急に人が減りました。

年寄り子供には厳しいルートを通るからね。男どもが楽しみだしたぞ。

DSC05683_1.jpg


ゴロ場、旦那君は釣り師の血が騒ぐので海の側へ。

ゴマも同じ速度で付いていく。

私は、足場を探しながら恐る恐る付いていく。男ども待ってぇ~!

DSC05671_1.jpg


DSC05673_1.jpg


DSC05684_1.jpg


DSC05687_1.jpg


ゴマは本当に階段登りとか山登りとか好きだなあ。

足腰強くなると長生きできるっていうし、いいこといいこと♪



遊歩道のメインポイント「吊橋」ですよー。

恐怖を感じる間もなく、

狭い橋に大勢の人がいるので、ゴマを抱いてそそくさ小走りで通過。

「あら、ワンちゃん揺れが怖くて歩けなかったの?」なんておばさまの声も聞こえたが・・

うちの子は、こんなんではビビりませんぜ!

犬が苦手な人がいてたら悪いので、あえて抱いて通っただけです!

DSC05679_1.jpg


なんて思ったものの・・・ 実際はどうだっただろうか?

渋滞起こしてよければ、ゆっくりゴマと歩いて渡りたかったなあ。



ちょっと試用版のアプリで遊歩道の動画を作ってみました。

ちょっとした様子見に、ご参考に。



やっぱりこういう散策が、なすび家にはいいな。






昼過ぎには伊豆を出て、家路に。

もちろん帰りも大渋滞で、抜け道細道遠回り道してなんとか6時間で到着。

3時間半ほどの距離のはず・・平日のはず・・なのに。


いろいろ思い通りの旅ではなかったけど、

(ランチも、コンビニとサービスエリアだもんな・・)

いろんな教訓も手に入ったので、前向きに良かったかなーと思ってみたり。


以上、備忘録旅行記でしたっ!(・∀・)





追伸:

さっき旦那に伊豆の旅の思い出を聞いたら「・・舟盛り?」でした。

トラウマになっとるwww






関連記事

tag : 犬連れ 柴犬 黒柴 ゴマ お泊まり 伊豆高原 城ヶ崎



 
旅行券で伊豆高原 ~ヴィラージュ伊豆~

シャボテン公園からすぐの場所にある、ヴィラージュ伊豆


受付のフロントはあるんだけど、複数棟のマンションです。

部屋の中も、長期滞在したくなる部屋の造りで、思ったより広い。


でもこれは・・ ゴマにはちょっと落ち着かない感じかな。


広すぎるっていうのもあるけど、とにかくあちこち匂いがするようです。

全然落ち着かない。

立入禁止の裏庭で何かを見たらしく(鳥?)大きな窓から離れないし。

あと1階だったので、人の声や気配がもろ聞こえ。。。

前回も、前々回も騒がずいい子で過ごせてたけど、やっぱりこういう大きなホテルはダメみたいです。


鉄板でくつろぐベッドに行かず、居場所が定まらないゴマ

前方の裏庭も気になるし、後方の玄関も気になるし、私たちが見えないのも不安。。

DSC05630.jpg




ヒンヒン鳴くので、晩ご飯までの少ない時間でドッグランとやらに行ってみた。


DSC05622.jpg


貸し切り状態♪

DSC05617.jpg


DSC05620.jpg


DSC05624.jpg


なんとかストレス発散&大小トイレも済ませたので、

夜ご飯の間、部屋で大人しく待っててくれるかな。



ちなみに、夜のドッグランはこんなにイルミネーションワールド!

DSC05637.jpg



ちょっとブレブレで分かりにくいですが(;´∀`)





さてさて、お待ちかね!豪華ディナーです!


刺身に、陶板焼き。

そして私は伊勢海老、旦那には特別にカンパチの塩焼き!そっちの方がええなあ!

DSC05635.jpg


そして追加の船盛どどーーん!

DSC05631.jpg


まさかのほうぼうの刺身とな!!

DSC05633.jpg


でもこれ絶対二人前じゃないよね・・・美味しいけど食べきれん。。


それに、周りのお客さんの視線が痛い・・・そりゃそうだよね。

写真もささっと急いで撮ったのでブレるし、伊勢海老撮れてないし^^;


もう、お持ち帰りしたいくらい刺身で胸焼けが(笑)

でも残すのも、周りの目が「おいおい、イキって頼んで残すんかい」って言われそうで、

頑張ったよ・・・アワビがつらいよ・・(泣)



なんか、すごくもったいない料理プランにしちゃって、料理長にも失礼だな。

もう二度とこんな予約の仕方はしないぞ!






夜、なかなか寝ないゴマとリビングでウトウト・・

少し明るくなったので、旦那君を起こさないようコッソリ散歩に連れだした。


DSC05640_1.jpg


ホテルの周りは、なにげに桜並木でした。

しばし、ゴマと朝の空気を満喫。

DSC05659_1.jpg


DSC05654_1.jpg




部屋に戻ると、がぜんヒマヒマゴマ君は、

慣れた感じで探検です。


ヨッコイ・・

DSC05661_1.jpg


ショッと!

DSC05662_1.jpg


お、探検家の顔だねえww

DSC05663_1.jpg


DSC05665.jpg

知ってるかい? ここはポカポカ気持ちいいんだぜ。



朝ごはんもいっぱい食べたし、さあもう一観光しに行きましょう!



関連記事

tag : 犬連れ 柴犬 黒柴 ゴマ お泊まり ヴィラージュ伊豆 船盛の刺身



 
旅行券で伊豆高原 ~伊豆シャボテン公園~

4年前、夫婦の旅行で訪れて大好きになった施設。

犬連れOKとは知らなかったよ。

だってあんなに動物うろついてるんだよ?放し飼いにもほどがあるんだよ?


でも、ぜひゴマに体験してもらいたい!


でやってきました!伊豆シャボテン公園



大室山すら、この公園のために作られたように感じる。好きですこの風景。

DSC05609.jpg


サボテンの温室入口は、猛禽類。このお腹に入っていくのはちょっとワクワクする。

(旦那に「鳥on鳥、撮っといて♪」と言われた一枚ですw)

DSC05565.jpg


4年前にも見て忘れられずにいた、突然現れるカオス世界観。好きです。

DSC05576.jpg



4年前はもっと閑散としてたイメージでしたが、

志村動物園などメディアで紹介されることが増えたからか、そこそこ人が多い。

もちろん犬連れもたくさん(小型犬が多かったけど)

それでも広い園内は、こんな感じ。ゴマはちょっとテンション高め♪

DSC05580.jpg







さて、動物たちの紹介です。


DSC05551.jpg


とっても有名になっちゃった、シャボテン公園のチンパンジーたち。

どの子も相変わらずで、

もう春の陽気だというのにココちゃんだけ寒そうで(笑)(真ん中でしゃがんでる子)


しばらく旦那と、みんなの表情、態度にツッコミながら長く立ち止まっちゃいました。

DSC05562.jpg



元祖カピバラの露天風呂。

ゴマが岩場まで行っちゃいそうなので抱っこで2ショット。

DSC05536.jpg


単体でもパチリ・・・ってしてる間も微動だにしない皆さん。

DSC05533.jpg


ヤマアラシさん。こんなに犬がガン見してても穏やかなもんです。

DSC05602.jpg


飼育員さんに教えてもらわなきゃ、見逃してただろうな!

まさかまさかの放し飼いハシビロコウ殿。

実は側に女ハシビロコウさんもいるらしいが、草陰で見えず。

大きいのに、この愛嬌は素晴らしい^^

DSC05571.jpg


ガチョウにものすごいケンカ売られたゴマww

「ギャー!ギャギャギャッアーー!」

DSC05557.jpg


ミミナガヤギさん、ゴマにロックオン。

でもゴマは気にしない。(なんなら、中を普通に通り過ぎる親子も気にしない)

普段見ない動物が、こんなに無視されてるのは不思議だ。

DSC05541.jpg


はい、孔雀だらけ~。

ほんとにあちこちに普通にいます。道ですれ違います。

DSC05524.jpg


もちろん飛べますので、いろんな屋根の上にだっています。そして鳴きますw

DSC05537.jpg



なんとなく、夫婦で気にいった動物「クビワペッカリー」さん。

DSC05597.jpg


ネーミングも可愛いけど、この小屋の中から出るか悩んでる子がツボで。

かくれんぼしてるみたいに、こっそり顔出したり引っ込んだり。

行かれる方がいたら、ぜひ見つけてあげて下さい。気の弱そうなこの子を。

DSC05595.jpg


あと、ブラジルバクの親子がすんごい愛おしかったんです。

DSC05588.jpg


こちらはお父さん。

結構大きくて、でも距離が近かったのでカメラを向けると、

寂しそうな顔をしながら、撫でて欲しそうに近づいてきたの。

もちろん触れるほどの距離ではないけど、こんな懐っこいのか?とキュン♡

DSC05582.jpg


で、隣のお母さんと子供のところに向かうと・・・


めっちゃ威嚇鳴きしてるっ!

お母さん一人で子供を守ってる感じがして、すぐにゴマを視界に入らないところへ隠しました。

気が気じゃないんだろうなあ。


もしかしたら、お父さんのさっきの顔、隣のお母さんを心配して何か伝えたかったのかな?

看板の言葉通り、優しく見守ってあげたくなりました。

DSC05586.jpg




温室へ向かう、猛禽類のお腹通路。

怪しく光るサボテンたち。いろいろセンスが大好きです。

DSC05567.jpg






最後に、一つだけ動画を。



孔雀さん、一定の距離を保ちつつも慣れた感じで犬をかわします。

ゴマも怖がるより、好奇心が抑えられずグイグイ犬にw



とってもいい写真も撮っていただけました♪

$RTZA884.jpg




さあ、今日のお宿へ向かいましょう!





関連記事

tag : 犬連れ 柴犬 黒柴 ゴマ お泊まり 伊豆 シャボテン公園 伊豆高原



 
Instagram
@nasubigou.maki
★鉄モモゴマ 必需品★
FC2プロフ
月別アーカイブ