2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
プロフィール

なすび号

Author:なすび号
寅年生まれのなすびです。
彼と同棲を始め数ヶ月。そして結婚。
そんな日々の喜怒哀楽驚困悩など、
思いつくままに書き綴ってます。

☆2010.9.16 同棲生活スタート
☆2010.12.24 プロポーズ❤
☆2011.5.4 結婚式&入籍
☆2011.7.14~17 八丈島へ新婚旅行
☆2013.3.23 新居購入
☆2014.10.13 黒柴のゴマと出会う

《彼》釣り・ユニコーン・洋菓子
(特にチョコ)好き
《私》猫・ブルーハーツ・和菓子
(特におかき)好き

埼玉人と大阪人。そんな2人のマイペースブログ。
最近はもっぱら『黒柴のゴマ』ネタが増えていますが、
どうぞよろしくお願いします!
 *^-^*

★実家の猫(鉄郎&モモ)も出演あり★
 

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
こちらの応援もよろしく♪
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ペット
3949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2032位
アクセスランキングを見る>>
①神前式って奥深い!~ご社殿に入るまで~
結婚式は、
そりゃ、ウェディングドレスも着たいな~って思わなくもないけど、
なぜか昔から 和装 のほうに目を奪われてた。
だから今回も、単純に 白無垢 って決め、挙式スタイルも 神前式 に。

だけど、
ぶっちゃけ、神社のしきたりとか礼儀作法とか、まーったく無知状態。
ということで、神前式の式次第について、パンフレットをもらい勉強してます。
その中で、うちが「なるほどな~」と感激した奥深い理由を、ちょっぴりご紹介


      blog_import_4d1861335ba7c.gif


まずは、新郎新婦を含む、参列者(主に親族)が控室に集まり、紹介し合います。 
「神前式」は、二つの別々の家が一つになる儀式でもあります。
今まで他人だった人同士が、この日を境に親戚となるんですものね。なんかすごいよね。


そしていよいよ 参進の儀 について。
花嫁行列とも言われ、神前式を始める前の、オープニングセレモニーって感じ。

式の始まりを告げる太鼓がドドーンと鳴ると、
神職に導かれ、雅楽の演奏とともに、ご社殿へと全員でゆっくり進みます。
sanshin.jpg
だいたい、新郎家が右・新婦家が左の2列で歩くタイプが多いみたい。
(あの紅色の傘は、2人を災いから守るものらしい。)
太鼓の音、雅楽の演奏、ゆっくり進む速度、
すべてが一つになると、自然と背筋が伸び、厳粛な空気に包まれる気分になります。

ご社殿へ入る前に、
全員で 手水の儀 として、身の清めをします。
左手→右手→左手で水を受け、口→残り水で柄杓の柄を洗う
神様の住まいに入る前の、大切な儀式の一つです。


心地よい緊張感を持ってご社殿に入り、神前に着席します。
神前に向かって、右側に新郎・新郎親族。左側に新婦・新婦親族となります。

さぁ!いよいよ式の始まりです!


                        ② へ つ づ く 



ご社殿の中って、入ったことある人いるかしら?

なんかね、外と遮断されたような、
時間の流れも止まったような、異空間な空気を感じて、緊張して不安で委縮しちゃう。
だけど、隣には頼もしい旦那様。後ろには自分たちを無償の愛で守ってくれる親族がいる。
そんなことを考えると、ちょっと安心して嬉しくて、涙が出そうになる。

結婚式って、チャペルでもホテルでも同じように感動するんだろうけど、
やっぱり私は、こういう粛々とした中で、
身内を強く感じながら、夫婦の契りを結びたいんだな~と改めて思ったのさ




スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

Instagram
@nasubigou.maki
★鉄モモゴマ 必需品★
FC2プロフ
月別アーカイブ