2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
プロフィール

なすび号

Author:なすび号
寅年生まれのなすびです。
彼と同棲を始め数ヶ月。そして結婚。
そんな日々の喜怒哀楽驚困悩など、
思いつくままに書き綴ってます。

☆2010.9.16 同棲生活スタート
☆2010.12.24 プロポーズ❤
☆2011.5.4 結婚式&入籍
☆2011.7.14~17 八丈島へ新婚旅行
☆2013.3.23 新居購入
☆2014.10.13 黒柴のゴマと出会う

《彼》釣り・ユニコーン・洋菓子
(特にチョコ)好き
《私》猫・ブルーハーツ・和菓子
(特におかき)好き

埼玉人と大阪人。そんな2人のマイペースブログ。
最近はもっぱら『黒柴のゴマ』ネタが増えていますが、
どうぞよろしくお願いします!
 *^-^*

★実家の猫(鉄郎&モモ)も出演あり★
 

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
こちらの応援もよろしく♪
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ペット
4261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2189位
アクセスランキングを見る>>
父と子
先日、久々にDVDを借りてきた。
夫婦が共に見たかったやつを2本。



松本人志監督、野見さん主演の 『さや侍』




大阪が舞台となった 『プリンセストヨトミ』



結果、どちらも 父と子 がテーマの映画でした。

プリンセストヨトミは、
日本史苦手な私だけど、ガッツリ大阪の映画ってだけで嬉しくて楽しくて。
舞台となる大阪の街、人々の会話、チョイチョイ出るお好み焼きで十分楽しかった。
(あと大阪人役の俳優さんも、エセ大阪弁になってなくて良いw)
最後は「それだけのこと?!」と気抜けしそうな内容だけど、
「それだけのこと」の当たり前が欠けてる家族が、現代に多いんだろうな。
うちも改めて、考えさせられた部分がありました。


でも松ちゃんのほうは、単純に感動して泣きそうになった。
悔しいことに あの野見さん に感動したんだよ。。。
あと、あの歌もズルイ。

↓ネタばれ含むフルバージョン


さや侍エンディングテーマ曲「父から娘へ~さや侍の手紙」
・作詞:松本ピストル  作曲:竹原ピストル


松ちゃんの作詞は、いつも奥の方に温かい愛を感じますね。
ヘタしたら、映画見なくてもこの歌だけで十分感動できそうなくらい。
・・・いや、やっぱりあの野見さんの演技と子役の演技を見たからこそだな。

いろいろ叩かれたコメントも多いけど、
松ちゃんの芸人の部分と、父親になった部分が合わさった、楽し優しい作品だったと思う。






hattpa-aki300.gif


映画のタダ券もらいました。

源氏物語――千年の謎――



光源氏が生田斗真、紫式部が中谷美紀、藤原道長が東山紀之。
これだけで見ごたえありそう
あと個人的に、藤原行成役の甲本雅裕にも注目
ヒロトファンだけど、どうも弟くんの活躍にも嬉しくなっちゃって。


久々の映画館での映画。
ちょっと楽しみだぁ~~


スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

Instagram
@nasubigou.maki
★鉄モモゴマ 必需品★
FC2プロフ
月別アーカイブ