2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
プロフィール

なすび号

Author:なすび号
寅年生まれのなすびです。
彼と同棲を始め数ヶ月。そして結婚。
そんな日々の喜怒哀楽驚困悩など、
思いつくままに書き綴ってます。

☆2010.9.16 同棲生活スタート
☆2010.12.24 プロポーズ❤
☆2011.5.4 結婚式&入籍
☆2011.7.14~17 八丈島へ新婚旅行
☆2013.3.23 新居購入
☆2014.10.13 黒柴のゴマと出会う

《彼》釣り・ユニコーン・洋菓子
(特にチョコ)好き
《私》猫・ブルーハーツ・和菓子
(特におかき)好き

埼玉人と大阪人。そんな2人のマイペースブログ。
最近はもっぱら『黒柴のゴマ』ネタが増えていますが、
どうぞよろしくお願いします!
 *^-^*

★実家の猫(鉄郎&モモ)も出演あり★
 

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
こちらの応援もよろしく♪
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ペット
5243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2783位
アクセスランキングを見る>>
Sunny 最新号!ミクロマンと子供たち。
先月末にやっとこさ発売された、最新号の第3巻。


・・・・昨日読み終わりました。
素晴らしすぎる内容にも、絵にも、いまだに余韻が続いてます。。。







第3巻は、以前にも紹介したとおり、6話の物語が淡々と温かく描かれてます。

■園長先生がまだ若い頃――(第13話)
■園の人気者、まきおさん。しかし――(第14話)
■星の子と家の子――(第15話)
■園にテレビ取材が!――(第16話)
■純助と笑助が大好きなお母さんのお見舞いに――(第17話)
■春男の悪だくみで養豚場のブタが逃げた!――(第18話)



今回は、星の子学園の子供たちだけじゃなく、
今までチョイ役だった、日向ぼっこばかりの園長せんせの現役時代や、
大人として立派な人格者の牧男さんの、普段抱える悩みや迷い、
園に対する、外の大人たちの目線など、
少しだけ、大人の読み手には胸の奥の奥が苦しくなるような内容だったな。





今回の限定特装版についてる 
 特製ミクロマン(サニー色の特別バージョン、サニー隊員)
 ミクロマンからの手紙(松本大洋描き下ろし16ページ全カラー冊子)

fc2blog_201302011648376d7.jpg

実は、今まで以上に本編のあちこちにミクロマンが登場します。
春男だけでなく、園のみんなとミクロマンが絡んでます。

個人的には、ミクロマンからの手紙を読んでから本編を読んだほうが、
その絡んだコマに、ミクロマンを強く感じる気がして楽しいです。





さてさて。今回も私の好きなシーンを画像付きでご紹介。

ちょっぴり長くなっちゃって、かなりネタばれ・・・かな。
           



※画像をクリックし、別窓でも画像クリックすると文字まで大きく見れます。



星の子学園の子供たちは、まだ全員紹介されきれてないけど、
今のところ、

研二&朝子 春男 純助&笑助 静 きい子 めぐむ の物語があった。

ほかにも、太郎 務 浩二 ゆり&?(双子) ちあきちゃん。


第2巻では、春男と春男のお母さんとの様子が、
辛くて苦しくて痛いくらいの物語で描かれていて、チクチクきたんだけど、
第3巻では、純助&笑助兄弟のお母さんが登場する。

第1巻の時に、2人は母子家庭でお母さんが重い病で入院中というのが見えた。
純助が、不潔だといじめられる原因の爪の長さも、
晴れてても建物の中でも傘を差してる理由も、
純助なりに、孤独や寂しさ不安から自分を守るための手段。
いつも自分を肯定するため、ウソをついたり逆ギレしたり大きな声・音を出すのも手段。

そんな純助が、幼い弟の笑助を面倒見ながら、
面会OKの時だけ会えるお母さんと2人っきりになり、
ベッタベタに甘える、たった10コマのシーンは、
春男の時とは違う、苦しさ痛さが伝わり、チクチクきた。





fc2blog_20130201164912050.jpg
第1巻でもあった、笑助の「だっちゅや」がここでも再び♪かわいい♪

fc2blog_20130201164948d55.jpg
うちも小さい頃、エレベーターを怖がる妹に声掛けてたなー。


こうして、病院近くのデパートで2時間以上も過ごす2人。
幼い弟は、駄々をこねて泣きだすし、いろんなもの触るし、勝手に歩き回るし、
兄の純助は、ピカピカのおもちゃで気を引いたり、いろんな遊びを考えながら、
母と面会できるか、不安になりながら待つ。
「となりのトトロ」のサツキとメイのような、でももっともっと現実に近い感じ。





line10_20120213112054.gif





fc2blog_20130202111808f38.jpg

星の子学園では、夕飯によくコロッケが出る。

「なんぼほどコロッケ食わすねんっ!」と文句を言う純に、

「これはメンチや。ひき肉ぎょおさんあったらメンチ。」と諭す足立。

「メンチいうんはこないしてジャガイモで作れへんねん!」と正論の純。


この1コマ内で、純のセリフに対して4人が同時に応答してる。

直接会話は、お父さん代わりの足立さん。
その言い合いをなだめようと、お母さん代わりのみつ子さん。
怒鳴る純の横で「ツバ飛ばさんとって」とめぐむ。
「ジャガイモみたいな顔しくさって」と純を煽る、表紙にもなったきい子。


fc2blog_2013020211174351a.jpg

fc2blog_20130202111721249.jpg


次のページになって、画面は待ちぼうけの年上グループの部屋が描かれてるけど、
前のコマの会話が、そこにも描かれてる。
別の部屋だけど、声は聞こえてるという様子が感じられて、いいですよね。

歯車型の吹き出しで、テレビの音まで入ってる。



また、人がしゃべってる途中から割り込んで話すシーン。

fc2blog_201302011825247de.jpg

そして家の外に吹き出しだけ描くと、外まで聞こえるほど大きな声だと伝わる。


賑やかで、臨場感があって、楽しくて、温かい様子のこの手法の数々。




とにかく、賛否両論あるでしょうが、

松本大洋の漫画はいい! ってことです




ご静聴ありがとーございましたー

スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

Instagram
@nasubigou.maki
★鉄モモゴマ 必需品★
FC2プロフ
月別アーカイブ