2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
プロフィール

なすび号

Author:なすび号
寅年生まれのなすびです。
彼と同棲を始め数ヶ月。そして結婚。
そんな日々の喜怒哀楽驚困悩など、
思いつくままに書き綴ってます。

☆2010.9.16 同棲生活スタート
☆2010.12.24 プロポーズ❤
☆2011.5.4 結婚式&入籍
☆2011.7.14~17 八丈島へ新婚旅行
☆2013.3.23 新居購入
☆2014.10.13 黒柴のゴマと出会う

《彼》釣り・ユニコーン・洋菓子
(特にチョコ)好き
《私》猫・ブルーハーツ・和菓子
(特におかき)好き

埼玉人と大阪人。そんな2人のマイペースブログ。
最近はもっぱら『黒柴のゴマ』ネタが増えていますが、
どうぞよろしくお願いします!
 *^-^*

★実家の猫(鉄郎&モモ)も出演あり★
 

カテゴリ
最新記事
リンク
こちらの応援もよろしく♪
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ペット
2527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1340位
アクセスランキングを見る>>
松本大洋 Sunny 6巻・・・ え?完結??
5巻から1年半ほど待ちましたよ!


ほんでもって、予約した本が届き、帯を見て仰天ですよ!!!

『星の子たちに訪れる、別れの日。
それは新たなる星への旅立ちの日でもあった。
松本大洋が描く、眩しき「少年期(ジュヴナイル)」堂々完結!!』


「ただいま!」「おかえり。」



えっ?えっ?なんて?? ラッスンゴr



最後の表紙は めぐむ でした。

無表情だけど、そこには寂しいような、
決意をしてすがすがしいような、大人びたような、とても美しい顔。

Sunny(6) [ 松本大洋 ]

Sunny(6) [ 松本大洋 ]
価格:1,134円(税込、送料込)









それぞれに、選択をして前に進んだ。
変わらないほうがいいのか、変わったほうがいいのか。
どちらを選ぶにしろ、自分で、諦めて、言い聞かせて、その道を決めなければならない。


その決断に、周りの大人たちも同じように悩む。

その葛藤に、読者はハッとさせられ、苦しみを感じ、寂しさや嬉しさを共有する。





ここから読書感想文。ネタバレになります。

    ↓↓↓

今回、うちが好きな純助の名シーン。

➊ (クリックで大きく見れます)
15-11-25-13-45-55-249_photo.jpg

足立には大きな声でふざけながら話すのに、
みつ子さんには、穏やかに静かに受けごたえする顔がかわい。





夜中、涙と鼻水流して風の音が怖いから足立さんと一緒に寝たいという純助。
ちょうど足立さんも考えに行き詰ってたので、夜のドライブに繰り出した。



足立「ドライブしたこと、他の子らには内緒やぞ、純」

純助「エッ、ウソやん!」「オレぜったい言うてまうわ。ゴメンな。」

さっきまで泣いてたのに、もういつもの純助で、無邪気に先に謝る様子がかわい。










今回、7話が収録されていますが、一番、Sunnyらしいお話はこれでした。
           

今回、足立さんがバスを借りてきて、
星の子学園の全員で遊園地に行くことになりました。

でもそこは、親と来たことのある子には酷な思い出を思い出させることとなり、
親と来たことない子にも、周りは家族連れだらけで居づらい気持ちにさせた。

行きの車内は、バス移動という珍しさでテンションが高く、
みんなでジュリー歌って楽しそう。
でも帰りは描写なし。
代わりに、Sunnyの中で、何するなしにぼんやりする子供たちが描かれる。


次のページから、全員でおままごとをするシーンに。

15-11-25-13-48-03-054_photo.jpg(クリックで大きく見れます)

お父さん役が純助、お母さん役がきい子。
長男が春男で、次男が静、妹たちにめぐむ、ゆり、せり。
おじいちゃんがたろうちゃん。



15-11-25-13-50-01-068_photo.jpg

春 「こうじ、お前何やったっけ?」
こう「オレ、めぐむのこんやく者やんけ。」「おとうさん、めぐむさんを僕にください」
純 「いやです。」
こう「なんでやねん、オレ、こんやく者やねんぞ。
春 「ブタにめぐむはやれん。」


このやり取り!
純助の、腹の立つ顔で言う「いやです」がもう、もう、たまらなく可愛くて!

春男が兄貴のセリフとして言ったことが、実は本音なんじゃないかと勘ぐってみたり♡



その後、砂や草花を料理に見立て、家族で食事をする。

「お--家族で食べるとおいしいなー。」

端っこに書かれたセリフ。誰が言ったかはわからないが、星の子全員の声だろう。
場所は星の子学園の庭なのに、観覧車のシルエットが見える。

次の見開きには、遊園地の風景に星の子たちのセリフがちりばめられ、
日中いてた遊園地の家族連れのような、平和で理想の家族のよう。

15-11-25-13-51-19-537_photo.jpg


そんな声を、夕飯の支度をしながら聞く、最年長の朝子。

15-11-25-13-49-32-207_photo.jpg


妄想で、叶わぬ夢を見る子供たち。

もうそんな夢もみない年齢となった朝子。寂しいような羨ましいような気持ちだろうか。


でもこうして、星の子たちは大人へと成長し、いろいろ諦める。
でもそれは新しい世界の始まり-----。




スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

絶賛!応援中!


ペットに関する情報がいっぱい。

我が家もおでかけの参考に、各地の体験談見せてもらってます。

★鉄モモゴマ 必需品★
月別アーカイブ
FC2プロフ