2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
プロフィール

なすび号

Author:なすび号
寅年生まれのなすびです。
彼と同棲を始め数ヶ月。そして結婚。
そんな日々の喜怒哀楽驚困悩など、
思いつくままに書き綴ってます。

☆2010.9.16 同棲生活スタート
☆2010.12.24 プロポーズ❤
☆2011.5.4 結婚式&入籍
☆2011.7.14~17 八丈島へ新婚旅行
☆2013.3.23 新居購入
☆2014.10.13 黒柴のゴマと出会う

《彼》釣り・ユニコーン・洋菓子
(特にチョコ)好き
《私》猫・ブルーハーツ・和菓子
(特におかき)好き

埼玉人と大阪人。そんな2人のマイペースブログ。
最近はもっぱら『黒柴のゴマ』ネタが増えていますが、
どうぞよろしくお願いします!
 *^-^*

★実家の猫(鉄郎&モモ)も出演あり★
 

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
こちらの応援もよろしく♪
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ペット
4423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2252位
アクセスランキングを見る>>
2017里帰り ~バスツアー高野山編~

やってまいりました!高野山です。


とはいえ、団体客はたいてい中の橋スタートになるんですが。。




20170819105209008.jpg


入り口の柱には、

左:虚空尽 衆生尽 涅槃尽 我願尽

右:南無大師遍照金剛

と書かれています。



ところで、高野山といえばこの杉。

ここの杉たちは、人の手で伐採などされないため、

何百年とこの地で生き、増えているそうです。

(たまに見かける切り株は、落雷により倒れた後だそうです。

なぜか、この地は落雷が多いんだって)


20170819105317111.jpg


20170819105334230.jpg


外の世界を遮るように、参道に来た人を包むように立っています。




もっと奥に進むにつれ、大きな木は増えて行くんですが、

もうカメラに収めきれない風景に圧倒され、

お墓を撮影することにも躊躇し、写真には残しませんでした。




初めて知ったんですが、

高野山は、宗派を問わないため、誰でもお墓が建てられるそうです。

歴代天皇や、歴史上の人物、生前の争いも上下関係もなくなります。

いろんな形、大きさ、鳥居もあります。

企業の供養塔には、従業員だったり、駆除した害虫だったり。

まさに平和です。





最後の橋、御廟橋から先は、

テレビカメラも入れない聖域です。

ツアーの人たちも服を正し、脱帽し、一礼して入ります。


少し人の流れが引いたタイミングだったので、

一人ずつお参りすることもできました。

(残念ながら、地下にいらっしゃるという弘法さんにはお会いできず)


一人じゃ、場違いでとてもここまで来る勇気がなかったかも。

ツアーで、みんなで来れてよかったです。




またいつか、個人的に来れたら・・

ゆっくり時間かけて、高野山を見尽くしたいな。





このあと、一の橋まで戻り、

ツアーが用意してくれた精進料理をゆっくり食べてたら、

気づけば私たちだけ!

もう皆さん、ろうそく祭りに参加する行列に並んでました!


すでに長蛇の列。

集合時間までに、参道歩いて戻ってこれるか?と半ば行く気が失せたけど、

ここまで来たんだ、体験せんまま帰れんやろ♪


無料配布のろうそくも、強制的にどっさり配られたし、

いざ参るぞー!



20170819105356955.jpg


20170819105425912.jpg



しかし、細い参道に火があるので、

入場制限がかかります。そりゃそうだな。


20170819105441420.jpg



30分近く並び、ようやく橋を渡った時には、

差す場所がないほど、炎の道ができていました。


20170819105503367.jpg



だけど、どんどん途中離脱する人がいて、

それに比例して、ろうそくもまばらに・・寂しい。


20170819105519646.jpg


見知らぬお方たちのお墓の前に、隙間を埋めるようにろうそくを立てていく。


私、火がすごく怖くて苦手だけど(マッチ付けるの怖い)、

ここでは旦那が心配しちゃうほど火の真横を歩いても平気でした。

不思議ー。



20170819105535633.jpg


外国の方も多く参加していて、人も多いんだけど、

人混みが苦手な私たちも、それほどイライラせずに過ごせました。

不思議―。





一の橋横にある石碑で記念撮影。

20170819105603302.jpg




あれほど行列だった一の橋も、

20時を過ぎるとこんな感じ。あっという間のお祭りでした。

20170819105619505.jpg




ガイドに載せられて買っちゃったお守り。

生涯持っていていいお守りだそうで、願いも、健康、学業、商売何でもいいそう。

全面金色というのがちょっとイヤだけど、

夫婦一緒に、財布に入れてご利益いただくことにしました。


20170819105912516.jpg
20170819110108218.jpg


ちなみに、高野山は桐紋と巴紋両方使います。

お寺でもあり神社でもあり・・いや、そんな分裂のない場所なんですね。







今も修行を続けられているという弘法大師。


悩める人が無くなるまで続けるという・・・

私たちも小さな悩みは忘れれば、少し弘法さんの助けになれるかな。



スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

Instagram
@nasubigou.maki
★鉄モモゴマ 必需品★
FC2プロフ
月別アーカイブ